Apium M220

Apium P220シリーズの性能をそのままに、メディカルPEEKを使用したインプラントを可能にするのが​M220です。

APIUM P220

メディカルPEEKを使用したインプラントを可能にする

M220が発売されました。

Apium Adaptive Heating System

​庫内とノズルの両方で造形物の形状を判断し、材料ごとの最適な温度補償を行います。庫内の温度分布も材料と造形物の高さなどを考慮しながら自動計算されます。

Print Cores

超高温の環境下で高性能な造形が出来るようなプリントコアを設計しました。また、材質ごとに専用のプリントコアとプロファイルを用意することでコアの交換時間は2分で可能です。

Apium Controlling Software

Apiumの専用フィラメントに最適化されたパラメータが設定され、造形の履歴管理やフィラメントの管理が可能になっています。さらに保守サービスに必要なマネージメント機能を包括しています。またIndustry4.0に対応します。

Mechanics

高精度位置決めを可能にする工業グレードのモーションコンポーネントを装備しています。 閉ループ駆動システムにより信頼性を確保しています

TECHNICAL INFORMATION

  • 医療現場に特化した機能追加

  • ​高性能HEPAフィルター装備

CERTIFIED WITH ISO 9001:2015

TECHNICAL INFORMATION

  • フルメタルホットエンドで540°Cまで加熱

  • 水冷式エクストルーダーで安定造形

  • ​最大180℃の造形空間を形成

  • 機械分解能0.0125 mm - 0.05 mm

Apium Advanced Extruder

CFR PEEK(炭素繊維強化樹脂)を始めスーパーエンプラや通常のエンプラ、一般的な樹脂を造形するために特別に開発されました。

Case Study Medical

頭蓋再建

カスタマイズされた頭蓋骨インプラント

データスライス

造形

強度試験

監査用の造形データがPDFで出力されます。

品質管理において重要な造形記録が、時系列とともに記録され完全な形の

ドキュメントとして出力されます。

​監査記録として必要な各温度変化や配置など、自動的に記録されドキュメントが生成されます。

造形エリア
130 x 130 x 130 mm


プリンター外形
850 x 685 x 675 mm


重量
67 kg

 

機械精度

水平方向 10 μm

垂直方向  3 μm


ノズルサイズ

0,2 – 0,8 mm
 

積層精度

0,05 – 0,6 mm
 

最小壁厚

> 250 μm
 

最高ノズル温度

540°C

高熱フィルターシステム
最高 280°C


プリントベッドの材質

ステンレススティール 316L


消費電力

600 W max.
 

最大動作音

< 70 dB(A)


対応造形データ

STL, OBJ, G-Code


接続方法

WLAN, イーサネット


使用フィラメント

Vestakeep i4 G

Tel: 055-230-7611

Email: info@sin.co.jp

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

株式会社システムインナカゴミはプロの皆様が安心して使える国内外の優れた3Dプリンターを販売サポートしております。お気軽にご相談ください。

大学、研究室、補助金、会社契約等予算や会社費用で購入希望の方はお問い合わせからメールなどによってご連絡頂ければ御見積もりをいたします。。

日本全国納入設置、導入指導も行っていますのでお気軽にご相談ください。

また領収書の発行も別途行っております。